ニュース

ダイヤモンドオンライン「ゼレンスキーの真珠湾発言に怒る日本人は、プーチン支持のロシア国民と瓜二つ」 [747750122]

1 ::2022/03/24(木) 13:40:17.56 ID:eJGpn5eL0●.net ?2BP(2000)
https://img.5ch.net/ico/nida.gif
ゼレンスキー「真珠湾発言」に怒る日本人は、プーチン支持のロシア国民と瓜二つ
2022-03-24 04:05
https://diamond.jp/articles/-/299877

49 ::2022/03/24(木) 13:54:23.88 ID:v0SXDNDU0.net

戦犯ジャップは反省しる

313 ::2022/03/27(日) 06:35:45.60 ID:+cWHiB2u0.net

>>311
ちょい訂正

×最低限の建前
○最低限の建前の否定

5 ::2022/03/24(木) 13:41:47.53 ID:s2pbg5mj0.net

まとを射た事をいうな

251 ::2022/03/26(土) 09:59:29.20 ID:zyTCCHi10.net

中国メディア 日本人は黄色人種の世界的地位を向上させた

もし19世紀に日本が台頭しなかったら、アジアは第二のアフリカになっていた。
清王朝がアヘン戦争とアロー戦争で英国に敗れ、一部を植民地とされるなど、
西洋列強がアジアに迫る流れのなかで、日本が台頭しなかったらアジア全体が
アフリカのように西洋の植民地になっていた。

古代文明の成果を代表するのは中華民族だが、「近現代文明を切り開いたのは大和民族であり、
日本人である。さらに日本人は事実上、間違いなく黄色人種の世界的地位を向上させ、
アジア独特の発展の道を創造したと絶賛した。

チョンよ、お前達が白人と対等に口がきけるのは日本のおかげだよw

64 ::2022/03/24(木) 14:01:07.58 ID:53X5iuj00.net

誰かおこってたんだっけ?

80 ::2022/03/24(木) 14:09:24.58 ID:EPPzDCMC0.net

>>14
>>50
ある人が言ってたけど

雑誌なんてまともな人は買わないし読まない
だからまともではない人向けの内容に持って行ってる
未だに安倍がどうのとか記事にするのはそいつら向けだとさ

242 ::2022/03/26(土) 07:58:37.72 ID:kodOVIjI0.net

>日本や西側諸国のメディアでは連日のように、ウクライナ侵攻に反対するロシア人ばかりが登場する。
>あたかもロシア国民の多くが、プーチンが怖くて従っているだけで、本音の部分では戦争に反対している人が大半のような錯覚を受けるが、
>実はロシア国内の最新世論調査ではプーチンの支持率は71%となっている。

この記事のポイントはここでしょ
なぜそうなのかを考えなきゃいけないわけだ

日本で例えるなら、大阪民国が在チョンに完全に乗っ取られ、韓国と軍事同盟を結びたいって言い始めたのと同じ
大阪に戦車を送ったら岸田の支持率は71%を超える

335 ::2022/03/27(日) 12:01:20.33 ID:+cWHiB2u0.net

>>334
その当たり前が積み重なって当時の日本は今のロシアのような扱いになったわけさ

87 ::2022/03/24(木) 14:13:47.29 ID:w8JPWLpl0.net

>>79
そんな健全な精神なんかとっくに廃れてんだろ。
そんなん考えるの学のねぇ庶民位なもんで、西側のユダヤ達は、自分たちは生き残る、no money,no life位にしか思ってねーよ。

93 ::2022/03/24(木) 14:20:47.75 ID:KpZ1Bs+o0.net

>>92
大日本帝国は滅んだんですよー?

180 ::2022/03/24(木) 15:25:03.89 ID:ezBixPTw0.net

>>1
元朝日の煽り専門屑ライター

329 ::2022/03/27(日) 08:12:42.36 ID:d+bqw/t60.net

今回ロシアも宣戦布告していないけど誰もそれに関しては非難していない
まあ、アメリカが原爆を正当化するための方便だってことだな

237 ::2022/03/26(土) 07:34:14.49 ID:bYOk/Mh20.net

>>232
結果は敗北したが、
だが、白人に支配されて、奴隷化されてた、
アジアの地域を開放したのは日本。
敗北したが、植民地支配の打倒には成功した。

109 ::2022/03/24(木) 14:29:43.16 ID:7zpH4k/l0.net

まああの発言で、日本人にブレーキをかけちゃったよね

55 ::2022/03/24(木) 13:56:54.82 ID:upMzGoMT0.net

>>15
悪の日帝を賛美するのか?
あの大戦のことちゃんと反省してる?

342 ::2022/03/27(日) 13:26:49.80 ID:z/GgxBuN0.net

>>232
経済的に遥かに小さな小国への侵略と
経済的に遥かに大きな大国への奇襲
どう見ても前者に止むに止まれぬ事情を汲み取ることはできない
後者は普通なら仕掛けない戦いで
どれだけ追い込まれていたかわかるだろ

14 ::2022/03/24(木) 13:43:52.25 ID:y7VtKp2H0.net

ダイヤモンドオンライン、東洋経済、プレジデントあたりは
何で反日なの?
あいつら、韓国上げ日本下げしまくりだよね

140 ::2022/03/24(木) 14:42:11.68 ID:75ujK6U60.net

>>80
確かにww

293 ::2022/03/27(日) 03:20:10.63 ID:tI9sztf20.net

>>286
バルト三国侵略が抜けていた

145 ::2022/03/24(木) 14:46:57.56 ID:Y3oYZP4F0.net

>>128
初耳だけどソースは?
他国の指導者の演説に注文つけるってかなりの非礼だから気になるわ

62 ::2022/03/24(木) 13:59:50.43 ID:S5YZvutC0.net

分断しなきゃ叩かれる!
いや丸わかりだしね分断できてると思ってんのもう一方が声でかいからだけだよ

69 ::2022/03/24(木) 14:04:11.52 ID:frUZ6ljm0.net

全部読んだけれど

じゃあどうすれんばいいの?

ネトウヨを説得するなんて不可能に近いで

69 ::2022/03/24(木) 14:04:11.52 ID:frUZ6ljm0.net

全部読んだけれど

じゃあどうすれんばいいの?

ネトウヨを説得するなんて不可能に近いで

99 ::2022/03/24(木) 14:24:45.60 ID:oEPWSmb90.net

>>93
現代日本と戦前日本の連続性が断絶して全くの別の国と思ってるのお前だけなんじゃないの

317 ::2022/03/27(日) 07:00:04.28 ID:zVJwFvgh0.net

>>311
あの時代に、そんな口先だけの建前とか殆ど意味無いから。

250 ::2022/03/26(土) 09:58:27.71 ID:hOlpMPUm0.net

パヨメディアによるマッチポンプ

116 ::2022/03/24(木) 14:32:33.83 ID:HYQMm/hJ0.net

日本はまだマシだからなぁ ドイツのキレ具合に比べたら

276 ::2022/03/27(日) 00:44:23.14 ID:tI9sztf20.net

>>1
つまりダイヤモンドはロシアもアメリカにはめられたというのだな

http://www.soshisha.com/book_wadai/43freedom/

《本書では1941年以前の対日関係を詳しく記すことを目的としていない。しかし、我が国が戦争に突入することになった直接の原因に日本がなっている以上、真珠湾攻撃に至るまでの経緯を書かないわけにはいかない。アメリカ政府は(対日交渉の経緯を)国民に隠していた。そしてその後の教育でも、何があったかの歴史の真実を教えていない。だからこそ、対日交渉の経緯はしっかりと書いておかなくてはならない。》

《国民も議会も我が国(アメリカ)の参戦に強く反対であった。したがって、大勢をひっくり返して参戦を可能にするのは、ドイツあるいは日本による我が国への明白な反米行為だけであった。ワシントンの政権上層部にも同じように考える者がいた。彼らは事態をその方向に進めようとした。つまり我が国を攻撃させるように仕向けることを狙ったのである。》

《私は、日本との戦いは狂人[ルーズベルト]が望んだものだと言うと、彼[マッカーサー]はそれに同意した。》

《日本に対して原爆を使用した事実は、アメリカの理性を混乱させている。……原爆使用を正当化しようとする試みは何度もなされた。しかし、軍事関係者も政治家も、戦争を終結させるのに原爆を使用する必要はなかったと述べている。》

37 ::2022/03/24(木) 13:51:06.23 ID:vfaM+cxk0.net

何だこりゃ
ダイヤモンドオンラインとかくだらない記事ばかりだな
編集は下読みもできないようなアホしかいないのか

4 ::2022/03/24(木) 13:41:44.92 ID:VIN3iWF00.net

真珠湾攻撃はやむを得なかったから、今回の件とは全然違う

一日一回、クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す